お おうち よ した か

公開日: 23.08.2020

表示 閲覧 編集 履歴表示. この節は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年6月 ).

まだ当時は尼子家の傘下にいた毛利元就(もうりもとなり)を寝返らせたのは、他ならぬ義隆なんです。 これが功を奏し、天文9()年からの吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)の戦いでは尼子方に大勝利を収めました。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 天文19年( 年 )8月、山口に来た フランシスコ・ザビエル を引見したが、ザビエルが汚れた旅装のままで面会に臨む、ろくな進物も持たない、義隆の放蕩振り・仏教の保護・当時一般的だった男色などを非難する、など礼を大いに欠いていたことから義隆は立腹し、布教の許可は下さなかった。ザビエルは畿内へ旅立った。同年、陶・内藤らが謀反を起こすという情報が流れ、義隆は一時大内軍を率いて館に立て籠もったという。このときの反乱は風評に終わる。側近の 冷泉隆豊 は陶ら武断派の討伐を進言したが義隆はこれを受け入れなかった。.

天文20年( 年 )8月末、義隆と険悪な関係になった武断派の陶隆房(周防国守護代)が謀反の兵を挙げた。重臣の内藤興盛(長門国守護代)もこれを黙認し、義隆を救援することはなかった。. 父 ・義 興 は 将軍 を再擁立した際に、日明貿易の勘合符を手に入れた。これにより 大内 と 博多 商人は 細川 と 堺 商人から交易 利権 を奪うことに成功した。 面 白 くない 細川高国 らは、期限が切れた古い勘合符で遣明船を 派遣 する。賄賂を利用した 細川 の遣明船が有利に扱われたことで 大内 側が怒り、明 国 の港であるにも関わらず 細川 の船を焼き払いド サクサ に紛れて明軍も蹴散らすなど、大暴れした。 当然、明 国 は怒ってまっとうな貿易が制限され、密貿易が 主 流になってしまった。これを1 年寧波の乱という。 父 の代に縮小された日明貿易は、後期 倭寇 が活性化の原因となり明や 朝鮮 が手を焼いているのを鑑みて、 倭寇 の 黒幕 である宗氏・ 松浦 党・ 博多 商人・明 国 人らを利益誘導で従えて暴れさせたり取締るふりをして、 倭寇 取締りを外交の カード として利用し、 6年と1 54 7年遣明船を 派遣 している。なお後期 倭寇 は皮 肉 にも大内義隆の死後、戚継 光 による大規模 倭寇 取り締まりや明 国 の 海 禁政策融和とそれに伴う 民間 貿易・ 南蛮 貿易との貿易競争に敗れ、次第に衰退していくこととなる。.

大寧寺の変 イベント は 天翔記 で初登場。続く 将星 録では 省略 されたが、 烈風 伝以降は恒例に。.

10 11. ???.

目次 [ 非表示 ].
  • 宇喜多秀家 うきたひでいえ.
  • 大内家は義隆の代で31代目を迎える歴史ある名家なんですが、どうも代替わりの時に争いをしてしまうお家だったんですね。 本当に、しょっちゅう内紛してます。 学習能力に疑問符が付きそうですが、こういう家は割と多かったんですよ。.

出雲 遠征時に義 隆 と衝突した 陶隆房 は寵 愛 を失い、相良武任や 冷泉隆豊 など文治 派 の 美人 官僚達が寵 愛 を獲るようになり 陶隆房 を含む武断 派 は遠ざけられたという。. 目次 [ 非表示 ]. 竜福寺殿瑞雲珠天大居士 [1]. 歴史   日本史   戦国時代   戦国大名   戦国   武将 大河ドラマ 天下統一   信長の野望  太閤立志伝 創作戦国  萌戦国武将 中国地方   山口県.

宇喜多直家 うきたなおいえ. 大寧寺の変 イベント は 天翔記 で初登場。続く 将星 録では 省略 されたが、 烈風 伝以降は恒例に。. 周防国 の 在庁官人 ・ 大内氏 の第16代当主 [1] 。第15当主・ 大内義興 の嫡男。母は 正室 の 内藤弘矩 の娘。周防・ 長門 ・ 石見 ・ 安芸 ・ 豊前 ・ 筑前 の 守護 を務めた。 官位 は 従二位 兵部卿 兼 大宰大弐 兼 侍従 。また義隆の時代には 大内文化 が爛熟し、西国の地方政権 大内政権 を築いて大内家は領土的に全盛期を迎えたが、文治政治に不満を抱いた一族でもある家臣の 陶隆房 に謀反を起こされ、義隆と一族は自害して、大内家は事実上滅亡した。.

  • 山名是豊 山名政豊 ????
  • 義隆の「愛人」・陶晴賢 陶晴賢は、大内家重臣・陶家出身。 父の興房(おきふさ)は戦上手な上に人望もあるという素晴らしい人物でした。 実は、「晴賢」を名乗ったのは最後のほんの数年間だけで、「隆房(たかふさ)」という名前の時期の方が長いんですが、「陶晴賢」という名の方が有名なので、ここでは「晴賢」で統一しますね。 戦国時代に男性同士の関係、いわゆる「衆道」が公然と存在していたのは事実で、特に主従関係の証として、元服前の小姓と主君が関係を結ぶというのは少なからずあったんですね。 義隆と晴賢も同様でした。 晴賢は、少年時代はとにかく美少年だということで有名で、義隆の寵愛を一身に集めていたんです。 義隆は5時間もかけて会いに行き、晴賢がぐっすり寝ていたので和歌を残して帰って行ったという逸話もあるくらいなんですよ。 だからこそ、元服の際には義隆の字をもらって「隆房」と名乗ったわけなんです。 こんな風に、義隆があまりに衆道に入れ込んでいるので、ザビエルはそれを非難し、逆に義隆の怒りを買ったりもしています。 こればかりは文化の違いなのでどうしようもないんですけどね。. 大寧寺 ( 山口県 長門市 ).

???. WorldCat Identities ISNI : X LCCN : n NDL : VIAF : .

名門・大内氏の生まれ

義隆は親族である 津和野 の 吉見正頼 を頼ろうとしたが暴風雨のために身動きがとれず、長門深川の 大寧寺 までたどり着くとそこに立て籠もった。義隆に従った重臣・冷泉隆豊の奮戦ぶりが目覚しかったが、所詮は多勢に無勢で、9月1日の10時頃に義隆は隆豊の介錯で自害した。 享年 45 [1] 。 辞世 は「討つ者も 討たるる者も 諸 ( もろ ) ともに 如露亦如電 ( にょろやくにょでん ) 応作如是観 ( おうさにょぜかん ) 」と伝わる。. 天文 20年 9月1日 [1] ( 年 9月30日 ). WorldCat Identities ISNI : X LCCN : n NDL : VIAF : 天文7年( 年 )に将軍・義晴の仲介により宿敵・ 大友義鑑 と和睦している。.

201 820 9145 24 .

関連語をあわせて調べる

天文6年( 年 )、室町幕府第12代将軍・ 足利義晴 から幕政に加わるよう要請を受けて上洛を試みるが、山陰を統一して南下の動きを示していた尼子氏に阻まれ、領国経営に専念するためにこれを断念した。. しかも、この退却劇のさなかに、可愛がっていた養子の晴持(はるもち)を失ってしまったんです。 しかしその死は戦死ではなく、溺死。 船で退却していたところ、そこに乗り込もうとする兵を供が蹴落とそうとしたため、船のバランスが崩れて転覆してしまったんです…。 こんな終わり方、嫌ですよね。 義隆の失意にも、さすがに同情します…。. 衆道 が一般的だった 戦国時代 でも、希有なほどの重度の 同性愛 者だった。以下は、義 隆 と交わった、もしくは交わった疑いのある男達である。 毛利隆元 ・ 小早川隆景 兄弟 、陶義清・ 陶隆房 兄弟 、相良武任、 冷泉隆豊 、清ノ四郎、安富 源 内、その他。 その入れ込みようは尋常でなく、 山口 から 陶隆房 の住む 富田 若山 まで、片 道 35 キロを 6時 間かけて 馬 で往復していた時期すらあった。 毛利元就 の 長男 ・ 毛利隆元 に至っては、本来人質という立場にもかかわらず賓客のような扱いをしたことで、 家 臣達から不信感を抱かれている。.

晴賢なりの主への思いと危機感 成長し、やがて義隆との衆道関係も解消してからは、晴賢は大内家の重臣として数々の戦に参戦し、功績を挙げました。 武断派の筆頭格としての存在感も抜群だったんですよ。 しかし、主の義隆は月山富田城の戦い以降、まったくやる気を失い、文治派の相良武任(さがらたけとう)を重んじたばかりか、武断派の晴賢を煙たがるようになったんです。 かつては契りを結んだ主が、どんどんダメになっていく…しかも軟弱な(晴賢からすれば)文治派ばかりを重用するとは、これでは大内家までダメになってしまうと、晴賢は考え、危機感を抱いたに違いありません。 それが、晴賢をある行動へ移させたのでした。.

  • 天文3年( 年 )、龍造寺家兼を調略して少弐氏から離反させ、少弐氏の弱体化を図った。また陶興房に命じて大友氏の本拠地豊後を攻略しようとするが失敗する( 勢場ヶ原の戦い )。しかし、義隆は一方で北肥前にいた 九州探題 ・ 渋川義長 を攻め、 渋川氏 を滅亡に追い込んだ。.
  • 宇喜多秀家 うきたひでいえ.
  • まだ当時は尼子家の傘下にいた毛利元就(もうりもとなり)を寝返らせたのは、他ならぬ義隆なんです。 これが功を奏し、天文9()年からの吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)の戦いでは尼子方に大勝利を収めました。.
  • 大内義隆に関する ニコニコミュニティ を紹介してください。.

31. 2 4 56 7 8 [7] [8] [7] 3 .

しかし当時の 後奈良天皇 は、献 金 を猟官行為として忌み嫌い、勤皇行為とは 認定 せず、義 隆 の死後には何も贈位しなかった。なお 7年に践祚した次代の 正親町天皇 は、献 金 には厚く応える性格だったようで、 毛利元就 や 本願寺顕如 は贈位されたり門跡の 称号 を 許可 された。. 享禄2年( 年 )12月23日に従五位上に叙され [5] 、享禄3年( 年 )10月9日に父祖と同じ 左京大夫 に任命された。.

永正4年11月15日(年12月18日)、大内氏15代当主・ 大内義興 の嫡子として誕生。大内氏は父・義興の代まで数代に亘って家督相続時の内紛に悩まされており、これを憂慮した義興は早々に義隆の嫡子としての地位を明確にすべく様々な手段を講じている。幼名である「亀童丸」は大内家当主に代々伝わる由緒正しい名であり、また早い時期よりやはり大内家当主が世襲してきた「周防介」の叙任を受け、幼少期には周囲から「介殿様」と呼ばれていたという。 こうした取り組みや重臣・ 陶興房 らの補佐、そして弟であった弘興の早逝などもあり、享禄元年(年)に父・義興が死去した際には、それまでのような内紛もなく平和裏に家督を継承している。.

注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス.

知っておきたい:

コメント

  1. 義隆の実子の 大内義尊 も、9月2日に陶軍に捕らえられ殺害された。義隆・義尊の死により、周防大内氏は事実上滅亡した [注釈 2] 。 またこの時周防国に滞在していた 三条公頼 や 二条尹房 をはじめとする多くの公家たちもこの謀反に巻き込まれ殺害された。.
  2. 衆道 が一般的だった 戦国時代 でも、希有なほどの重度の 同性愛 者だった。以下は、義 隆 と交わった、もしくは交わった疑いのある男達である。 毛利隆元 ・ 小早川隆景 兄弟 、陶義清・ 陶隆房 兄弟 、相良武任、 冷泉隆豊 、清ノ四郎、安富 源 内、その他。 その入れ込みようは尋常でなく、 山口 から 陶隆房 の住む 富田 若山 まで、片 道 35 キロを 6時 間かけて 馬 で往復していた時期すらあった。 毛利元就 の 長男 ・ 毛利隆元 に至っては、本来人質という立場にもかかわらず賓客のような扱いをしたことで、 家 臣達から不信感を抱かれている。. しかし当時の 後奈良天皇 は、献 金 を猟官行為として忌み嫌い、勤皇行為とは 認定 せず、義 隆 の死後には何も贈位しなかった。なお 7年に践祚した次代の 正親町天皇 は、献 金 には厚く応える性格だったようで、 毛利元就 や 本願寺顕如 は贈位されたり門跡の 称号 を 許可 された。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 blackpurlbda.com | 利用規約 | 連絡先 |