近世 ヨーロッパ 服装

公開日: 03.08.2020

画像で見るざっくり西洋ファッションの歴史【男性編】 - NAVER まとめ. 市民の間にオランダファッションが流行した年代前後の一般の女性の服装は当時の風俗画家 フェルメール や ヤン・ステーン の作品などに見られる。 よく見受けられる色は、淡い黄色を中心に淡い赤や水色、褐色、それに濃い青である。 濃い青色はかつては王家の象徴とされるほど高価であったが、簡単に濃く鮮やかな青色が染められるインド藍の輸入が始まると年代後半には従来の淡い青しか出せないヨーロッパタイセイは駆逐されてしまった。 女中は働きやすい地味な黒いワンピースに襟の詰まった白い小さな襟をつけており、上流市民の女性が大きく胸元を開けているのとは好対照である。.

また「トランペット・スリーブ」という袖がトランペットの様に八の字に広がる形を好んだ。特に、イギリスの女性は ゲーブル・フード ( w:gable hood )と呼ばれるヘッドドレスを被った。. こちらはメディチ家の人だが、黒人の血が入っているせいか肌色の特徴があったため、通称イル・モーロ(il Moro)=ムーア人と呼ばれていた。 枢機卿ジュリオ・デ・メディチ(のちに教皇クレメンス7世)がメディチ家の黒人奴隷に産ませたともローマの農民の子ともいわれている。どちらにせよ、庶子だ。.

男女とも、 エリザベサン・カラー という、繊細なラフ( 襞襟 )を着用する。. カテゴリ : 服飾史 ヨーロッパの文化史 17世紀のヨーロッパ 西欧. 騎士たちには長髪と髭が流行して、 レース の カフス やカノン(膝飾り)全身にギャランというリボン束を身につける華やかな格好をした。 その極地として、年代ごろからオードショースの上にラングラーヴ(英語ではペティコートブリッチズ。つまりスカートのような半ズボン)というリボンを飾ったほとんどスカートに見えるキュロットスカートを穿く流行が生まれる。.

1313 13 20.

バスク バッスル シュミーズ コッドピース コースレット ( 英語版 ) コルセット ワスピー ( 英語版 ) ディッキー ガーター フープスカート ( 英語版 ) クリノリン ファーシンゲール ( 英語版 ) パニエ ショース オー・ド・ショース リバティ・ボディス ( 英語版 ) ロインクロス ズロース パンタレット ( 英語版 ) ペニョワール ( 英語版 ) ペチコート ペチパンツ ユニオンスーツ ( 英語版 ).

▼Amazon電子書籍を発売中▼

詳細は「 古代エジプトの服飾 」、「 古代ギリシアの服飾 」、および「 ローマ帝国時代の服飾 」を参照. ブラッカエ ( 英語版 ) ブリーチズ ( 英語版 ) ブレー キュロット 乗馬パンツ ( 英語版 ) ハーレムパンツ ( 英語版 ) ニッカーボッカーズ. 名前空間 ページ ノート. バスキン 履物 ( 英語版 ) カリガ ( 英語版 ) チョピン ( 英語版 ) クラクフ靴 ( 英語版 ) 司祭靴 ( 英語版 ) ヘッセンブーツ ( 英語版 ). アペックス ( 英語版 ) アティフェ ( 英語版 ) カポテン ( 英語版 ) シュヴァリエ帽 ( 英語版 ) コイフ ( 英語版 ) コルネット ( 英語版 ) 冠 ダンス帽 ( 英語版 ) フィレ ( 英語版 ) フォンタージ ( 英語版 ) エナン帽 ユダヤ帽 ( 英語版 ) カウシャ ( 英語版 ) ココシュニク ( 英語版 ) モブキャップ モンマス帽 ナイトキャップ オチポック ( 英語版 ) フリジア帽 ピレウス帽 ( 英語版 ) スヌード ウィンプル 二角帽子 三角帽子 リャスナ ボンネット コアフ.

13 14 15 16 17.

男子の襞襟が、いまだスペインファッションが流行していた年代から糊づけをやめる者が出るなど早くに廃れたのとは対照的に、女子のフレーズは年代まで生き延び、最末期には巨大化する風潮まで見られた。 男性がふくらはぎに詰め物までして脚線美を誇っていた頃、貴婦人もいったんは下火になっていたコルセットを使って腰を細く胸をより豊かに見せようとした。 年には従来のタイユール(仕立屋)ギルドから、クチュリエール(婦人服仕立屋)ギルドが分立し、婦人服の専門家が出現。 貴婦人達は気紛れな流行の変化にますます没頭した。 しかし、クチュリエールが密室で肌も露わな貴婦人に触れることが風紀を乱すという懸念から、年には女性によるクチュリエールのギルドが国から認可を受ける。 女性の婦人服職人は、まず重く堅苦しいコルセットの軽量化を図り、貴婦人達の友人として存分に腕をふるった。.

ルネサンスもあり、イケてる国は依然イタリアだが、絶対王政で地位を築いたスペインもイケイケ。 繊細なレースが首の周りを覆う襞襟はスペイン風。 全体に丸みを帯びたシルエットと深い襟ぐりはイタリア式。 この辺りのデザインの特徴は肩から垂れ下がった装飾的な垂れ袖。. 繊細なレースや金銀宝石の刺繍が権威の象徴。 こうした絢爛豪華な衣服はしばしば批判の対象となった。.

17. IT Web. 14. 13 14 15 16 17.

ローマ時代に入って身分標識の衣装となる トガ (トーガとも)が生まれ、材質、着つけ、色や装飾などで細かく身分の分類が行われた。一方、女性服はギリシャのものを踏襲したため、男女の衣装の違いがはっきりとする。しかし、トガは煩わしさから廃れ、下衣の トゥニカ が表着化する。. 古代エジプト 古代ギリシャ 古代ローマ ビザンツ アングロサクソン ( 英語版 ) 世紀西欧 13世紀西欧 14世紀西欧 15世紀西欧 16世紀西欧 17世紀西欧. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. ウィキメディア・コモンズには、 西欧の服飾 17世紀 に関連するカテゴリがあります。.

13 14 15 16 17. w:gable hood. byzantine. 17 17 .

出典 sphotos-a. 古代エジプト 古代ギリシャ 古代ローマ ビザンツ アングロサクソン ( 英語版 ) 世紀西欧 13世紀西欧 14世紀西欧 15世紀西欧 16世紀西欧 17世紀西欧. 繊細なレースや金銀宝石の刺繍が権威の象徴。 こうした絢爛豪華な衣服はしばしば批判の対象となった。. shikibu56 さん.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 blackpurlbda.com | 利用規約 | 連絡先 |