ホーランド 銀河 英雄 伝説

公開日: 12.11.2020

戦闘 が開始されると、ホー ランド 率いる第11艦隊は猛進を開始。直線攻撃に見せかけて 帝国 軍側面に回りこみ、その機動に 帝国 軍が追随できずにいるうちに 帝国 軍中央部に突入。一挙に 帝国 軍を 混乱 に陥れる。機動性に富んだ第11艦隊の艦隊 運動 の前に 帝国 軍 主 力 はミュッ ケン ベルガー 元帥 の怒号も虚しく翻弄され、戦況は 完 全に同盟側に有利であるかのように見えた。.

こうして 未来 に知己を 求 めんとした彼は、 未来 を通り越して 天 上に知己を 求 めに行ってしまったのであった。 自らを 英雄 に擬した彼は、 真 の 英雄 の手によって死んだ。. より細かい戦術思考が描かれており、速攻性と機動性を重視するのが第11艦隊の ドクトリン であるとされる。このため、原作等では何故連携を嫌ったのかを詳しく描かれなかったのに比べて、漫画版では機動性が殺されてしまう等のしっかりとした理由付けがされた 但し ウランフ 中将からは、「指揮系統が纏まらないのはまずい」と反論されている 。  加えてカリスマ性が異常に高い事から、非常識な艦隊運動が実現可能となっており、帝国軍を壊乱の淵に叩き込むことが出来ている。さらに先を見据える部分も持ち合わせ、後方待機しているラインハルトの艦隊こそが重要なポイントである事を見抜き、重要目標として突撃を敢行している。  そして後退を拒否した理由も付けられており、下手に後退すれば帝国軍本隊とラインハルト艦隊に挟撃される危険性を孕むことから、敢えて突撃して食い破ることを選んでいる。.

自信を英雄視する部分は、原作等のそれを凌駕するのが最大の特徴であり、イゼルローン要塞攻撃に成功した際には 「イゼルローンは墜ちた!これで私は英雄だ!!!」 と宣言していることからも伺える。  ただし引き際やメディアを前にした時の対応の切り替えが良くOVAの様に豪語したりはしなかった。とはいえ軍隊内部に居る時は自身を前面に出しており、ティアマト会戦時も案の定、第11艦隊の行動の自由を求めて意義を申し立てた。  また異なるのは彼自身が豪語するよりも、彼の指揮下にいる 部下達が豪語する点 も特徴の一つである。それだけホーランドにはカリスマ性があり信頼されている証しでもるが、第11艦隊将兵の場合は民主主義の軍隊としてはかなり異質な部隊へと変貌している。. アレックス・キャゼルヌ あれっくすきゃぜるぬ. 自由惑星同盟 じゆうわくせいどうめい. 彼の戦術の特徴は、本人 曰 く「 芸術的 艦隊 運動 」であるところの 無 秩序なまでに機動的で奔放な用兵にある。 第 三次 ティアマト 会戦において彼の用兵を観察していた 金髪 の 英雄 と 赤毛 の副官の コメント は以下のとおりである。.

第六次 イゼルローン要塞 攻防戦において ミサイル 艦の集中運用を立案、実行。その功により 中将 に昇進、第11艦隊 司 令 官に任ぜられたが、第 三次 ティアマト 会戦にて 帝国 軍 ミュー ゼル 艦隊の攻撃を受け、敗死した。. ラインハルト ・フォン・ ミュー ゼル はこの機を見逃さなかった。第11艦隊の前進が止まったその 瞬 間、 ミュー ゼル 艦隊から放たれた 主 砲 斉射三連の直撃を受け、ホー ランド は旗艦とともに消滅。続く第二斉射によって艦隊は パニック に陥り、 完 全に潰乱して敗走した。.

戦闘経緯は概ね原作等と変わらないが、両軍が小手先調べとして隻単位の分艦隊を繰り出していくセオリー通りに事を運ぼうとする。しかしホーランドは無視し、まずは単艦『エピメテウス』だけの前進を行い、それを見た将兵達が「司令官だけに行かせるわけにはいかない」と一斉に加速して付いて行き、結果として全軍による一斉突撃を実施している。  非常に纏まった動きで帝国軍を奔騰し続けていたが、本願は交戦中の帝国軍本隊ではなく後方で待機しているラインハルトの艦隊を撃破して初めて勝利となる、と確信してラインハルト艦隊へ進路を取った。  しかし突っ込みすぎたがために、第11艦隊はミュッケンベルガー元帥率いる本隊とラインハルト艦隊に挟撃される危険性が浮上してしまうが、敢えて突撃を続けて食い破ろうとする。が、結局のところ叶わずに敗れ去ってしまった。  追撃の末に、第11艦隊の僚艦たちは活動限界点を迎えて次々に離脱を余儀なくされていく。そして最後までラインハルト艦隊に追い縋ったエピメテウスもまた、活動限界点に達して動けなくなってしまった。それを待っていたラインハルトは原作と同様、3度の斉射でエピメテウスを轟沈。ホーランドは自身もまた嫌悪していた 旧い人間 であった事を噛み締めつつ、今際の際まで奮戦出来たことを実感しながらエピメテウスと運命を共にした。  なお、第11艦隊の生き残りは、直後に急行したビュコック、ウランフ両提督の艦隊に救助されている。 「これで、俺も……英雄だ」.

5   8   11 11. 59  OVA11   11!

注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス.

ゲーム攻略、読書感想文など。

イゼルローン要塞 攻略 作戦 自体はこの後に要塞 主 砲 の使用を許したことで 失敗した が、 戦闘中 の活躍によって彼は 中将 に昇進、第11艦隊 司 令 官に任じられる。 32 歳にしての 中将 昇進はかの 英雄 ブルース・アッシュビー に並ぶものであり、彼は自らを 英雄 アッシュビー の再来と 目 すようになった。. どうにか全滅は免れそうだな」   『ビュコック提督、「エピメテウス」は僚艦の盾となって撃沈されたそうです。ホーランドも英雄になり損ねましたな さらには、味方である ウランフ 中将 にも.

とは会 戦前 に行われた 作戦 会議 での彼の言である。. ラインハルト ・フォン・ ミュー ゼル はこの機を見逃さなかった。第11艦隊の前進が止まったその 瞬 間、 ミュー ゼル 艦隊から放たれた 主 砲 斉射三連の直撃を受け、ホー ランド は旗艦とともに消滅。続く第二斉射によって艦隊は パニック に陥り、 完 全に潰乱して敗走した。. 目次 [ 非表示 ]. 藤崎竜 氏による漫画版では、 イケメン とも言える偉丈夫の青年士官としてデザインされており、髪の毛も 角刈り の様に単発だったのに比べ、漫画版では黒髪で伸ばしている。容姿が変更された以外に性格も変更されている部分があり、原作・OVA以上に自身を英雄視しているようになっている。  ただしOVA等では描かれなかった部分での補足がされており、例えばミサイル艦隊による要塞攻撃が失敗したときなどには 「俺は死ぬ覚悟はできている。だが兵を無駄に死なせるわけにはいかない」 等と、迅速に後退している場面が描写されるなど、艦隊指揮官として原作・OVA以上に非凡な姿が描かれているのが特徴である。  加えて部下の信頼度が非常に高いのも特徴で、これも原作等では描かれなかった部分である。これにより後のティアマト会戦での無謀な艦隊運動が可能であったなど、カリスマ性が強調されている。.

  • 銀河英雄伝説   自由惑星同盟   エピメテウス 銀河英雄伝説.
  • 上記した通りホーランドに対して 疑似天才 の烙印を押している。とはいえホーランドの無謀に対しては、 「帝国軍がより弱いなら勝利は同盟軍に帰する」 と言って、弱い場合には強さを発揮する。という皮肉の評価を下している。 また、彼に対する台詞として以下の様な物が挙げられる。 「作戦と言うものは、実行するより早く失敗はせんものじゃよ。わしの、過去の経験によればな」 「勝っている時に後退するのは、女に振られた時に身を引くよりも難しいじゃろうよ?」 「成程な、先覚者は常に狂人呼ばわりされるものだ。だが、狂人が全て先覚者ではないからな!」.

11. 11 32 .

自由惑星同盟/第11艦隊

オリビエ・ポプラン おりびえぽぷらん. 余りにも、離され過ぎたか」   同盟軍艦艇の主力戦闘艦艇は総じて、機動性と主砲が高いものの、逆に航続性能と防御面では負けていた。 帝国軍艦艇は惑星への降下、大気圏内航行能力を持った時の副産物として、分厚い装甲と高い耐久性を持ち、さらにエンジンブロックを二つ以上搭載しているため、同盟軍より図体が大きく、小回りに弱いものの、航続性能と防御面にはかなり優れていた。 逆に同盟軍は、星系周辺での対敵艦隊迎撃を前提とした設計で統一されているため、航続性能は帝国軍よりも低かった。そのため輸送艦は全長2キロ越えの巨体となっている。 そして敵主力艦隊と隻の艦隊の間という、最も危険な地点で第11艦隊は、大半がエネルギー切れとなって立ち往生してしまったのだった。 最早輸送艦が到着した時点で叩かれかねない状況下で、ホーランドはマイクを手に取った。   「 彼の戦術の特徴は、本人 曰 く「 芸術的 艦隊 運動 」であるところの 無 秩序なまでに機動的で奔放な用兵にある。 第 三次 ティアマト 会戦において彼の用兵を観察していた 金髪 の 英雄 と 赤毛 の副官の コメント は以下のとおりである。.

先週の星々の邂逅にて、ラインハルト役がガンダム00の刹那役の宮野真守になり、余りにも偶然過ぎて顎が外れた今日この頃。 そして以前、友達との会話で、友達が一言。 『銀英伝にも出たことのある人で、ガンダム00にも出演してた声優っていたっけ?』 フォーク「」 アラルコン「」 トリューニヒト「」 メックリンガー「」 ルドルフ「」.

StayHome Fate Fate.    .     59. Will em H ol land ?

戦闘経緯は概ね原作等と変わらないが、両軍が小手先調べとして隻単位の分艦隊を繰り出していくセオリー通りに事を運ぼうとする。しかしホーランドは無視し、まずは単艦『エピメテウス』だけの前進を行い、それを見た将兵達が「司令官だけに行かせるわけにはいかない」と一斉に加速して付いて行き、結果として全軍による一斉突撃を実施している。  非常に纏まった動きで帝国軍を奔騰し続けていたが、本願は交戦中の帝国軍本隊ではなく後方で待機しているラインハルトの艦隊を撃破して初めて勝利となる、と確信してラインハルト艦隊へ進路を取った。  しかし突っ込みすぎたがために、第11艦隊はミュッケンベルガー元帥率いる本隊とラインハルト艦隊に挟撃される危険性が浮上してしまうが、敢えて突撃を続けて食い破ろうとする。が、結局のところ叶わずに敗れ去ってしまった。  追撃の末に、第11艦隊の僚艦たちは活動限界点を迎えて次々に離脱を余儀なくされていく。そして最後までラインハルト艦隊に追い縋ったエピメテウスもまた、活動限界点に達して動けなくなってしまった。それを待っていたラインハルトは原作と同様、3度の斉射でエピメテウスを轟沈。ホーランドは自身もまた嫌悪していた 旧い人間 であった事を噛み締めつつ、今際の際まで奮戦出来たことを実感しながらエピメテウスと運命を共にした。  なお、第11艦隊の生き残りは、直後に急行したビュコック、ウランフ両提督の艦隊に救助されている。 「これで、俺も……英雄だ」.

イゼルローン要塞 攻略 作戦 自体はこの後に要塞 主 砲 の使用を許したことで 失敗した が、 戦闘中 の活躍によって彼は 中将 に昇進、第11艦隊 司 令 官に任じられる。 32 歳にしての 中将 昇進はかの 英雄 ブルース・アッシュビー に並ぶものであり、彼は自らを 英雄 アッシュビー の再来と 目 すようになった。.

余りにも多すぎる!他の宙域は大丈夫か?」   ノンナが毒を吐いたその時、通信が入ってきた。   『こちら第5艦隊のビュコック、帝国軍艦隊は撤退を開始、繰り返す、帝国軍艦隊は撤退を開始!』   ビュコックからの通信と同時に、帝国軍艦隊も後退していき、ノンナ分艦隊は第8艦隊・「アイアース」直属艦隊の方へ戻っていった。   「ふぅ~ 目次 [ 非表示 ].

11    .

英雄を目指している男は直ぐには死なん。では、頼んだぞ』   通信を切り、ユカは僚艦に通信を繋げた。   「全艦、「エピメテウス」ら隻が残りを仕留めてくれる!英雄の凱旋のためのルートは何としてでも死守するよ!」   『了解!』   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   ミューゼル艦隊旗艦「タンホイザー」艦橋   「ひっ、ひぃぃぃぃぃ!!!???」   「タンホイザー」の艦橋にて、ノルデンは自分達を追ってくる敵艦隊に悲鳴をあげていた。   「み、ミューゼル中将!ここは横陣を敷いて敵艦隊を迎え撃ちましょう!さすれば、陣容を立て直したミュッケンベルガー元帥の艦隊と挟撃できます!」   ノルデンは直ぐに、現在の状況に適した定石の戦術を提案する。しかし、ラインハルトの指示はノルデンの提案とは全く違ったモノだった。   「全艦、後退速度を上げ、敵艦隊の射程外を常にキープせよ。ここからは、敵艦隊が我々に追い付くのが先か、相手がエネルギー切れになって立ち往生するのが先かの勝負だ」   『りょーかい、ミューゼル司令!』   『承知致しましてよ』   クリンゲルタールとドライベアとの通信を終え、ラインハルトは自分達に向かってくる艦隊を見ながら呟いた。   「 戦闘経緯はほぼ原作等々は変わらないが、性格等は変更されているのは上記のとおりである。作戦会議などでは原作等以上に尊大感を醸し出し、 「凝り固まった人間には分かるまい」 等と先人に対するさり気無い侮辱的な台詞を履いている。  戦闘時、要塞攻撃を成功させたが、ラインハルトに側面攻撃を仕掛けられた際には「見抜いたやつがいたか」と素直に失敗を認めたうえ、このまま攻撃を続行しても全滅するだけであることを熟知していたことから早急な後退を命じる。それ以降は省かれており、その後の雪辱を晴らすの場面はカットされた。.

一個艦隊をもって四倍の 帝国 軍を圧倒している戦況を見て、彼はすでに自らの 勝利 は決したものと確信し、なすすべもなく敗走に移りつつある 帝国 軍を追撃、撃滅するよう ビュコック 、 ウランフ 両将に 求 めた。しかし 帝国 軍艦 隊の一部が秩序を保ったまま後退していることに気づいていた両将は彼に後退と艦隊の再編を 指 示する。しかし彼は.

11 32. [ ].

知っておきたい:

コメント

  1. フレデリカ・グリーンヒル ふれでりかぐりーんひる.
  2. こうして 未来 に知己を 求 めんとした彼は、 未来 を通り越して 天 上に知己を 求 めに行ってしまったのであった。 自らを 英雄 に擬した彼は、 真 の 英雄 の手によって死んだ。. と言われてしまっている。これについての ビュコック の意見は、「勝っているときに、あるいはそう信じているときに交代するのは、女にふられたときに身をひくよりむずかしいだろうと思うよ」といったものであり、 ウランフ もその正しさを苦笑とともに認めたのであった。.
  3. こうして 未来 に知己を 求 めんとした彼は、 未来 を通り越して 天 上に知己を 求 めに行ってしまったのであった。 自らを 英雄 に擬した彼は、 真 の 英雄 の手によって死んだ。. ユリアン・ミンツ ゆりあんみんつ.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 blackpurlbda.com | 利用規約 | 連絡先 |