武田 家 滅亡 原因

公開日: 05.07.2020

天文 15年( 年 ). 新府城を放棄した勝頼とその嫡男の 信勝 一行は郡内を目指すが、その途上で 小山田信茂 の離反に遭う。『甲陽軍鑑』では勝頼一行は鶴瀬(甲州市大和町)において7日間逗留し信茂の迎えを待ったが、3月9日夜に信茂は郡内への入り口を封鎖し、勝頼一行を 木戸 から招き入れると見せかけて 鉄砲 を打ちかけたという。『 理慶尼記 』では信茂の離反を3月7日とし、郡内への入り口を封鎖した地を 笹子峠 (大月市)としている。一方、『甲乱記』では信茂が離反した日付を記さず、勝頼は柏尾(甲州市勝沼町)から駒飼(甲州市大和町)へ移動する途中で離反を知ったとしている。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

勝頼は城代・ 秋山虎繁 (信友)に代わり 信濃 高遠城 主となり、勝頼の高遠城入城に際しては 馬場信房 が城の改修を行う [8] [注釈 3] 。 勝頼期の高遠領支配は3点の文書が残されているのみで具体的実情は不明であるものの、独自支配権を持つ 支城領 として機能していたと考えられている。ほか、事跡として高遠建福寺で行われた諏訪御料人の十七回忌や [注釈 4] 、永禄7年( 年 )に諏訪二宮小野神社に梵鐘を奉納したことなどが見られる。.

天正3年(年)末には獅子朱印が創始されているが、これは同年5月の長篠の戦いにおける敗戦の影響から領国体制の再建を意図したものであるとされ、領国内の諸公事や納物徴用において用いられている。また、勝頼期には 支城領 支配の定着による一族文書の増加が指摘され、支城領主は独自の印判を用いている。. 武田信玄、京を目指す 4. 滝川一益、北条氏政のその後の動きは 神流川の戦い を、徳川家康、氏政、真田昌幸のその後の動きは 天正壬午の乱 を参照。. 最終更新 年2月13日 木 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 天正元年(年)以降、織田信忠を筆頭に 池田恒興 、 森長可 、 河尻秀隆 らを主力とするいわゆる「信忠軍団」が編成されており(池田は後に軍団を離脱、 摂津 へ)、主に東美濃に勢力を張っていた武田の影響を排除する戦いをしていた。武田征伐時には以下のような陣容であった。.

5 6 [ 2] 8 [8] .

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 一方、信忠勢は武田残党の追討を開始し、残党が逃げ込んだ 恵林寺 を包囲、残党を引き渡すよう要求したが寺側は拒否した。残党の引渡しを拒んだ事によって恵林寺は 長谷川与次 ・ 津田元嘉 ・ 関成重 ・ 赤座永兼 の4人に焼き討ちされた [12] 。. 勝頼は乱の終結において明確な景勝支援は行っていないが、これにより後北条氏との関係は険悪化する。同年9月に両者は手切となり甲相同盟は破綻し、領国を接する駿河・伊豆・上野方面において抗争状態に突入する。後北条氏は徳川家康と同盟を結び、駿河国において武田氏は挟撃を受ける事態に陥った。これに対し勝頼は、妹の 菊姫 を景勝に嫁がせ、上杉との関係を軍事同盟に発展させるが( 甲越同盟 )、内乱後の深刻な後遺症により上杉領国外への影響力は失っていた。そのため甲越同盟は対北条同盟でなく対織田信長の協約として機能し、勝頼は同年10月8日に常陸国の太田三楽斎を介して 佐竹義重 との同盟交渉を試み、 甲佐同盟 を結ぶ。さらに 里見義頼 や 小弓公方 らとの連携を模索し後北条氏に対抗する。殊に上野戦線では 真田昌幸 の活躍もあって北条方を圧倒した。.

あわせてお読みください

信勝 、男( 周哲大童子 ) [1] 、 勝親 、 他. 一方、織田信長との関係は、長篠の戦い以降は小康状態が続いており、勝頼は佐竹義重を介して信長との和睦を模索する( 甲江和与 )。天正7年11月16日には信長養女を母とする嫡男・信勝への官途奏請を行い、信勝は 元服 している。.

隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ. 信玄の死により、 織田信長 ・ 徳川家康 らは窮地を脱した。そして信長は将軍である足利義昭を 河内国 に追放した。同年の 天正 への改元後、さらに 越前国 や 近江国 に攻め入って 朝倉義景 ・ 浅井長政 を滅ぼした。また家康も武田氏に従っていた 三河国 山間部の 山家三方衆 の 奥平貞能 ・ 貞昌 親子を寝返らせるなど、信玄存命中は守勢であった織田・徳川連合軍の逆襲が始まった。. 勝頼は乱の終結において明確な景勝支援は行っていないが、これにより後北条氏との関係は険悪化する。同年9月に両者は手切となり甲相同盟は破綻し、領国を接する駿河・伊豆・上野方面において抗争状態に突入する。後北条氏は徳川家康と同盟を結び、駿河国において武田氏は挟撃を受ける事態に陥った。これに対し勝頼は、妹の 菊姫 を景勝に嫁がせ、上杉との関係を軍事同盟に発展させるが( 甲越同盟 )、内乱後の深刻な後遺症により上杉領国外への影響力は失っていた。そのため甲越同盟は対北条同盟でなく対織田信長の協約として機能し、勝頼は同年10月8日に常陸国の太田三楽斎を介して 佐竹義重 との同盟交渉を試み、 甲佐同盟 を結ぶ。さらに 里見義頼 や 小弓公方 らとの連携を模索し後北条氏に対抗する。殊に上野戦線では 真田昌幸 の活躍もあって北条方を圧倒した。.

1 2 3       1. [13]. 9 108. goo .

行ったぞ! 見たぞ! 発見したぞ! 読んだぞ! 調べたぞ!

近畿説 vs 九州説 その時歴史が動いた 最終回 伊能忠敬が日本地図を作った理由 所得倍増の夢を追え ~高度経済成長の軌跡~ 謙信恐るべし 海の関ヶ原 ~村上武吉・水軍に賭けた夢~ それでも民は祈り続けた ~島原の乱・キリシタンの悲劇~ 戦国の剣豪、太平を築く ~柳生宗矩・「活人剣」の真実~ 壬申の乱 天武天皇誕生の秘密. 同時代では、上杉謙信や織田信長が書状において勝頼を武勇に優れた武将として評価していた。謙信は信長に対し、勝頼の武勇を警戒するよう注意している。信長は、家督相続当初は勝頼を軽く見ていたが、東美濃侵攻が始まるとその武勇を高く評価するように転じる。長篠合戦後は、もはや自分の脅威たり得ないと内外に豪語するようになるが、甲州征伐際に勝頼は最後は必ず決戦を挑んでくると警戒しており、信忠に何度も過度の前進を諌めている。また『 三河物語 』によると、勝頼の首級と対面した信長は「日本にかくれなき弓取なれ共、運がつきさせ給いて、かくならせ給う物かなと御仰けり」と、勝頼は運がなかったと感想を漏らしたという。なお信長は、武田領国侵攻開始直後に越中において、勝頼が地の利を生かして信長父子を討ち取ったという虚報を流し、これを信じて蜂起した越中一向一揆を逆に鎮圧している。これは逆に言えば当時の人々にとって、勝頼は信長と決戦をして勝利することが可能な武将だと認識されていた事がわかる [15] 。.

同年3月、勝頼は未完成の新府城に放火して逃亡した。勝頼は 小山田信茂 の居城である 岩殿城 に逃げようとした。しかし、信茂は織田方に投降することに方針を転換し、勝頼は進路をふさがれた。後方からは 滝川一益 の追手に追われ、逃げ場所が無いことを悟った勝頼一行は武田氏ゆかりの地である 天目山 棲雲寺 を目指した。しかし、その途上の田野で追手に捕捉され、嫡男の信勝や正室の北条夫人とともに自害した( 天目山の戦い )。享年37。これによって、甲斐武田氏は滅亡した。.

娘の1人・貞姫は、小山田信茂の娘の香具姫、 仁科盛信 の娘らとともに、信玄の娘である 松姫 に連れられ、武蔵国八王子に落ち延びた。以降、松姫や遺臣らにより養育され、のちに 古河公方 足利家 の系統の江戸幕府 高家旗本 ・ 宮原義久 の正室となり、嫡男・ 宮原晴克 を生んだ。宮原義久の生母は上総武田氏の一族である 真里谷武田家 の 真里谷信政 の娘である。 宮原氏 の子孫は高家旗本として 幕末 まで続いている。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 海津城 に入った森長可は近隣諸将を鎮撫し、上杉景勝の侵入を防ぎつつ、一方では上杉氏への攻勢を強めていた。5月27日には 柴田勝家 らの北国勢の支援のために信越国境を越えて、 春日山城 を指呼の間に望む 越後 の二本木( 上越市 )辺りまでに乱入。その報を受けた上杉景勝は魚津城救援から春日山城に引き返す必要に迫られることとなった。しかし、本能寺の変で信長が討たれると、森長可は海津城を捨て本領地に逃げ帰り、河尻秀隆は武田旧臣の一揆により落命することとなった。そのため、武田遺領は一時的に政治的・軍事的空白状態となった。.

  • 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.
  • 一方、信忠勢は武田残党の追討を開始し、残党が逃げ込んだ 恵林寺 を包囲、残党を引き渡すよう要求したが寺側は拒否した。残党の引渡しを拒んだ事によって恵林寺は 長谷川与次 ・ 津田元嘉 ・ 関成重 ・ 赤座永兼 の4人に焼き討ちされた [12] 。.
  • なお、岩殿城は都留郡北部に位置し小山田氏の詰城とされているが、小山田氏の本拠である谷村( 都留市 谷村)とは距離があるため、小山田氏の城と見るか武田氏の城と見るかで議論がある。.
  • 天正9年( 年 )正月に、勝頼は現在の 韮崎市 中田町中條に新たに 新府城 を築城し、 躑躅ヶ崎館 ・ 要害山城 の所在する甲府城下町からの本拠移転を開始した。一方、後北条氏に対しては、同年3月14日には佐竹義重を介して 安房国 の里見義頼とも同盟を結んだ。.

3 10311. 3 928 [ 8] 10.

長篠の大敗と外交の失敗

最初はgoo gooブログトップ スタッフブログ. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 blackpurlbda.com | 利用規約 | 連絡先 |