バニラエア 車椅子 クレーマー

公開日: 11.10.2020

そんな木島英登氏がANA系格安航空会社LCCバニラエアで騒動を起こしたのは5月29日のこと。 この日木島栄登氏は旅行先から帰るためにバニラエアの飛行機を利用しようとしたのですが、その際係員から車椅子での航空機搭乗を「歩けない人間ではタラップを上がれないから」という理由で拒否されたため、飛行機のタラップを自ら手で這い上がって乗り込みました。 この事に関して木島英登氏は『奄美航空による深刻な人権侵害』とし、自身のブログで批判の記事を載せニュースにもなっていたのですが…このニュースに対しネット上では木島英登氏の行動の方に非難の声が集まっているようです。. ランキング 一覧.

しんにょう 最近ツィッターがしんどい saku3eroad7y 強硬な手段を取らないと世の中、変わらないんですよ、皆さん。とくに航空会社を擁護している皆さんは、障がい者の差別への戦いや障がい者の歴史などの本の一冊でも読まれては? いやだから車椅子とかの介助の必要な乗客を乗せる場合は決まりがあるんだって…… LCCはイレギュラーに対する対応力を必要最低限ギリギリまで削って低価格を実現してるんだから、合理的配慮で搭乗を拒否するのも認められる LCCを選ぶって言うのはサービスは必要最小限で構わないってことなんだから、そこで事前連絡なしに押しかけて配慮しろってのは筋が通らない あと奄美空港にはボーディングブリッジが存在している。施設利用料の関係でバニラエアは使用してないが、事前連絡があればボーディングブリッジを使用するよう空港側と調整できた可能性もある それを考えるとボーディングランプの導入は費用対効果を考えれば非合理的. 国土交通省のページで 『調整可能な範囲で、車いすを使用され、かつ階段の昇降ができない利用者の予約がある場合は、ボーディングブリッジのあるスポット又はリフトカー等を準備する。』 という内容に対して、 『調整可能な範囲でボーディングブリッジのあるスポットまたはリフトカー等を準備しています。ただし、奄美空港においては空港施設の都合により、同伴者様に階段の昇降のお手伝いをお願いする場合があります。』 と返答しているにもかかわらず、 同乗者の手伝いで搭乗はできるが、歩いて上り下りできない客の搭乗を必ず断っていたというのであれば、バニラエアに弁解の余地はないでしょう。 LCCが、そもそも認可が必要な運輸業であるという前提条件を無視されているコメントが多いように思います。 ローコストだからといって、法的義務が免除される根拠はありません。.

しかちゃん sikachan 年6月29日 zairo ピーチとジェットスターでやらかしていた大久保も追加でお願い。. 目次 炎上に「白髪増えました」 事前連絡なしに批判 歩けないことは「障害」ではない  奄美空港で1年半前、車椅子の木島英登(ひでとう)さん(45)が格安航空会社「バニラ・エア」の旅客機に搭乗を拒否され、自力でタラップをよじ登った出来事が、障害者差別として注目を集めました。ただ、批判は木島さんにも向けられ、「クレーマー」「プロ障害者」と中傷されました。問題の本質は何だったのか、いま何を思うのか、木島さんに聞きました。 <バニラ・エア問題>  年6月3日、木島英登さんが関西空港発奄美行きのバニラ・エア便に乗ろうとした際、搭乗カウンターで、奄美空港は階段式タラップのため、「歩けない人は乗れません」と言われました。  木島さんは「同行者に手伝ってもらう」と伝えて搭乗し、降りる時には友人らに車椅子ごと担いでもらいました。  しかし、2日後の帰宅の便で同様の方法でタラップを上ろうとした際、同社委託の空港職員が制止。木島さんは腕の力を使ってタラップを上ろうとすると、「それでもだめ」と言われたものの、上り切りました。  バニラ・エアは木島さんに謝罪。一方、木島さんが事前連絡していなかったことに、批判の声も上がりました。.

0521 view. DaisyAdreena 629. nicovideo.

木島さんがタラップを上ったときのイメージ 出典:朝日新聞.
  • 鋏 keku 年6月29日 そもそもあの這い上がり行為自体非常に危険なのでは・・・。最上段付近で滑ったりしたら側頭部か後頭部を段数分強打しながらずり落ちる事になって生死に関わるダメージを負いかねません。.
  • 出典: バニラ航空、奄美路線での搭乗拒否「階段昇降のできない人は乗れません」. 日本人の「障害者観」に話が及ぶと、木島さんの語りは熱を帯びました。  障害学では、身体的な欠損そのものが「障害」ではなく、社会の障壁や差別による困難さを「障害」ととらえており、木島さんも賛同します。  「私は、自分のことを『障害者』とは表現せず、『車椅子に乗っています』と言っています。私の中で、歩けないことは特性の一つに過ぎません」  「私はパソコンの前では、不自由なく情報を収集し、発信もできるため障害者ではありません。バリアフリーが進んで、私が何の不自由もなく行きたい場所に行けるようになれば、移動の障害はなくなります」  木島さんは、どんな境遇に生まれても挑戦できる社会を理想としています。  「『障害者だから』『外国人だから』『女だから』『片親だから』といったレッテルや属性によって、選択肢が狭まることがない社会になればいいなと思います」  「もちろん、結果が伴うかどうかは本人の努力次第ですが、誰もが他人がはったレッテルに縛られることなく、やりたいことに挑むべきだと考えています」.

こんな記事も読まれています

最近、特に差別差別と耳にする ヘイトだとか、この人のように障害者差別だとか 言ってる内容があまりにも片寄り過ぎてて差別って言葉が安くなりすぎて共感も同情もできない せいぜい差別と区別の違いを覚えろと思うぐらい. どーも僕です。(どもぼく) domoboku バニラエアが一方的悪者にされてる車いす客の記事。 同社のサイトには予め注意喚起がされてるし、数日前に連絡してれば適切な準備をする用意があるように読める。 それらをあえて全て無視し、安全上の理由による制止を振り切って「バリアフリー研究所代表」がメディアに出てると見ると微妙な気持ち。 pic.

私も誤解していて、河合さんのコラムで初めて正確な内容を理解しました。 誰かを悪者にするようなマスコミ・メディアの報道がとても多いことが問題で、残念だと思う。 このような報道では、何の改善もなく、バッシングだけして終わりになることが多くなると思う。 まずは報道の仕方を改善できないものかと思ってしまいます。.

boudan1 testboudan1 フォローする. 空港のバリアフリー駐車場がいつも満車。 週末のサービスエリアやショッピングセンターの駐車場も同様。 明らかにルールを破っている人間に対し罰則もなければ、注意する人間もいない。 欧米の先進国でそんな国はありませんよ。 我が国の現状はまだその程度です。 だから法律が必要なのです。 バニラエアのケースは賛否両論やむなしな面もあるでしょうが、駐車スペースのルールすら守れない国民であることをまず認識しましょうよ。 そこで身体障害者がどれほど不自由を強いられるかすら想像できない人間に、飛行機やホテルなどでどのような困難が待ち受けているのかなど想像のしようがないのでしょう。 まだまだ、我が国の民度はこの程度なのですよ。. ヒロシゲマン sqnUQ7xhaU1UVJa 年7月1日 cpw73XfxIvDa3X 毎度毎度みっともない屁理屈こねて、結局論破されてるのによくあきないね  それとも差別ってやっぱお金になるのかい?.

ドラゴンチキン dragonchicken19 年6月29日 言うのを忘れたけど、イタ飯屋の件は忘れないからね。.

BNMetro 629. goisup 629. LCC. 90    ""  CA "A"CA     A AA   Q2. hanayamadori 629 .

バリアフリー研究所所長・木島英登氏はプロのクレーマーだった!?

ドラゴンチキン dragonchicken19 年6月29日 確か太陽の塔の中も展示物があって、当初見学出来る予定だったんだけど、消防法で禁止になったんだよね。おいおい、岡本太郎センセイの芸術とそこらの勝手に生えてくる命、どっちが大事だと思ってるんだ? もちろん皮肉です. Mizusawa (水澤信雄) wtpap 障害、疾病の対策が講じられるまでの間に、どれだけの人が犠牲になり、どれだけの屈辱や嘲笑がそこにあるのだろう。 ところで、記事中「やりとりする中で…職員は見守るしかなかった」とあるのにびっくり。飛行機が落ちようとしても規則になければ見守るしかない会社なのか。よくわかった。 twitter.

お気に入り 詳細を見る. ちょっと気になったんですが、「バニラエアが」「事前連絡をしたら拒否した」というソースはどこにあるんでしょう。今回の当事者が「そういう事例を知っている」ということなだけだと思うんですけど、そもそも「そういう事例」が「バニラエアが」ということには必ずしもならないのでは?この点でバニラエアを叩くのは難しいですね。 個人的には、障がい者が普通と違う対応をされて「差別だ」と憤慨しているようにしか思えず、でも明らかに「区別」をしないと現時点では安全飛行を保証できない状態なわけでしょう? お互いに違うところがあることを理解する=区別する、ということを健常者も障がい者もやる必要があるのに、なんでもかんでも「健常者と同じことをさせてくれないのは差別だ」というのはやめてほしいというのが素直な感想。.

BNMetro 629. azerty azerty 629 ? LCC LCC. LCC.

炎上に「白髪増えました」

当事者・関係者・記事やニュースを見た外野!全ての人に、問題を真摯に受け止め少しでも良い方向に行こうという所が全く感じれれない!お互いが自分以外の意見を否定して罵る・・・ 障害者様だぞ!と嘯く輩に、障害者そこを退け!と言う輩・・・知らぬ間に2ch並みの低俗な場になってたよ・・・たのしいだろうね(笑). htm 当事者のブログの言を信じれば成田便でも搭乗拒否 タラップ使用? があったので 重複してバニラが設備入れるのも不思議じゃないです。 成田線就航時にそもそもなかったこと自体が問題な訳で. 日本人の「障害者観」に話が及ぶと、木島さんの語りは熱を帯びました。  障害学では、身体的な欠損そのものが「障害」ではなく、社会の障壁や差別による困難さを「障害」ととらえており、木島さんも賛同します。  「私は、自分のことを『障害者』とは表現せず、『車椅子に乗っています』と言っています。私の中で、歩けないことは特性の一つに過ぎません」  「私はパソコンの前では、不自由なく情報を収集し、発信もできるため障害者ではありません。バリアフリーが進んで、私が何の不自由もなく行きたい場所に行けるようになれば、移動の障害はなくなります」  木島さんは、どんな境遇に生まれても挑戦できる社会を理想としています。  「『障害者だから』『外国人だから』『女だから』『片親だから』といったレッテルや属性によって、選択肢が狭まることがない社会になればいいなと思います」  「もちろん、結果が伴うかどうかは本人の努力次第ですが、誰もが他人がはったレッテルに縛られることなく、やりたいことに挑むべきだと考えています」.

azerty azerty 年6月29日 道を切り拓くって拓いてないじゃん。昔も今も事前連絡必須でしょ?乙武の脳内ではこの人がクレーム付けたから改善された事になってるの?. 連載 まぜこぜ世界へのカケハシ

neologcutter neologcuter 630 5. 64 70 …. cpw73XfxIvDa3X 629. boudan1 testboudan1. zero2x zero2xzero 629 SNS. www.

飛行機搭乗のタラップを手で這い上がらされた!?

まとめトップ バリアフリー 64 車いす 70 クレーマー 格安航空 (… 木島英登. どかーん [科学] S5E07・どうでもいい話だが、スネークに罵られながら拷問受けるのってどんな気分なんだろうさてJAL ペンネーム (必須). かつては機内用の車椅子も無かったし、歩けない人が乗ることを前提とした非難誘導も考えられてなかった。 今はインフラともいえる飛行機内の設備もかなり柔軟になっている。 でも、全航空会社が過不足無く身体障害者に対応出来る訳ではなかった。 バニラエアで問題なのは、炎上しなければ今回の件について議論される事も対応を考えられる事もなかっだろう事。.

知っておきたい:

コメント

  1. 一方、木島さんが、バニラ・エア側に事前連絡していなかったことにも批判の声が上がりました。    「わざとではありません。ネットで予約したときに、事前連絡する必要があることに気づきませんでした。たとえ事前連絡してもバニラ・エア側は乗せなかったこともメディアの取材で明らかになっています」  「そもそも私は飛行機に乗るのに、過度な負担の手伝いは必要ないので、事前連絡せずに乗っても問題ないと考えています。事前連絡すると、かなり手間がかかったり、たらい回しにあったりすることも多いのです」  「事前連絡は障害がある人を排除するための、ある種のフィルターになっている場合もあります」. 今回の筆者のコラムは読み応えがありました。日本人が陥りやすい先入観による偏見を指摘した上で書かれていると思います。この木島さんもきっと、障害者としてではなく一般人として扱って欲しい気持ちが言動に表れていると思います。  一方で、週刊誌以下に低俗に落ちぶれた新聞社及び新聞記者にはうんざりします。ろくに取材しないで、自分の考えた内容通りに記事が書きたいのが見え見えの会見での質問には聞いていて不愉快になります。結果新聞の販売は回復しているのでしょうか。  この、バニラエア車椅子事件の記事もろくに取材しないまま新聞に掲載されるので(しかも面白可笑しく週刊誌調に)誤解を生むのです。  そこへ批判をしたくて待ち構えている人々が、言いたい放題、書きたい放題するわけです。 こうした日本人のレベルは中国人・韓国人(いずれも極々一部の人と思いますが)と同水準で、私にとって不愉快で迷惑な話です。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 blackpurlbda.com | 利用規約 | 連絡先 |